海外「確かに日本人は優秀だが…」 大統領の『日本人は世界一優秀な民族』発言がブラジルで波紋

日本のメディアなどでは極右や「ブラジルのトランプ氏」と呼ばれ、
その発言がしばしば議論を呼んでいるボルソナーロ伯大統領。
自国第一主義を掲げ、ブラジル国内で高い人気を誇っていますが、
日本が関連する一連の言動が現在ブラジルで議論を呼んでいます。

大統領はまず今月2日、ブラジルの著名なジャーナリストである、
アレシャンドレ・ガルシア氏の講演動画を自身のツイッターでシェア。
本来そのこと自体はもちろん問題がないわけですが、そこには、
「ブラジルが日本と国民を入れ替えたとしたら、
 10年以内に世界の大国になる」とのガルシア氏の発言があり、
また大統領は、ガルシア氏の考えに賛同の意を示すように、
「2分でブラジルを変える方法」と動画を紹介していました。

自国民を軽侮するようなツイートは国内で議論を呼んだのですが、
ガルシア氏の講演をシェアした理由を先日マスコミに問われた大統領は、
「日本人は優秀な民族。我々、つまり他の国民は相対的に劣っている」と発言。
その上で「これは事実なんだ。私は日本に3度訪問しているのだから」とし、
謝罪や訂正などは今のところ行わず、持論を貫いています。

愛国者として認識されていた大統領の一連の言動に対して、
ブラジルの人々からは様々な意見が寄せられています。
その一部をご紹介しますので、ごらんください。

「日本が列強になった理由だ!」 マクリ大統領の回想がアルゼンチンで大反響

467468684.png
Source: 【海外の反応】 パンドラの憂鬱

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です