韓国人「韓国が超小型衛星11機の開発に2027年まで2133億ウォン投入!羅老宇宙センターからヌリ号で打ち上げ計画」 韓国の反応

 海外の反応 韓国

科学技術情報通信部「羅老宇宙センターからヌリ号で打ち上げ計画」

政府が4月から韓半島を撮影できる超小型群集衛星の開発を支援する。この’超小型衛星群集システムの開発事業’には2027年まで8年間延べ2133億ウォンが投入される。

1

科学技術情報通信部は11日「100kg未満の超小型衛星11機を開発して運営して、朝鮮半島衛星映像獲得周期を大幅に減らすこと」とし、この様な計画を明らかにした。

科技情通部は今回の事業に2024年までの電力消費量が低く、開発費用が低い超小型衛星1基を開発して発射する予定だ。この衛星には3年間使うことのできる部品が入って、解像度が1m以下のカメラも搭載される。後続衛星10基を開発して2026~2027年発射する計画だ。

続きを読む

Source: 世界の憂鬱 海外・韓国の反応

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です