【悲報】韓国人「コロナ31番感染者が、教会・結婚式場・ソウル・ホテル・病院・職場を訪れ大衆交通機関を利用していた事が判明‥」 韓国の反応

 海外の反応 韓国

拡大する地域社会への感染が懸念 「スーパースプレッダーなのではないか」

新種のコロナウィルス感染症(コロナ19)感染者が大邱(テグ)でも発生した。これまでコロナ19の「清浄地域」に残っていた慶尚道(キョンサンド)地域さえ確定患者が出て、地域社会での感染、非常警戒令が降った。

1

18日、大邱(テグ)市と疾病管理本部などによると、国内31番目の確定者である61歳の女性は、17日午後3時30分ごろ、発熱、肺炎などの症状を見せ、大邱寿城区保健所を訪れ、大邱医療院に移送されて隔離された。 疾病管理本部は同日、この患者が最終検査で陽性判定を受けたと発表した。

31番患者は今月6日交通事故に遭った後、翌日、寿城区泛魚洞のある漢方病院に入院した。入院前の前6∼7日、東区に所在した職場に出勤し、日曜日の9日と16日には南区所在の教会で礼拝に参加したりもした。

続きを読む

Source: 世界の憂鬱 海外・韓国の反応

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です