韓国疾病管理本部が全国に日本脳炎注意報を発令→「日本脳炎を日本の蚊だと思ってる奴が居るの?」 韓国の反応

 海外の反応 韓国

疾病管理本部は、済州、全南地域で今年初めて日本脳炎媒介蚊である「小さな赤イエカ」が採集されたことにより、全国に日本脳炎注意報を発令しました。

1

日本脳炎ウイルスを持つ「イエカ」に刺されると、99%以上は無症状または熱を伴う軽い症状が見られますが、一部で致命的な急性脳炎に進み、このうち20~30%は死亡にまで至ります。

保健当局は、国の予防接種事業対象である生後12カ月から満12歳以下の子どもは、標準予防接種の日程に合わせて必ず接種しなければならず、免疫力の低い成人の場合も予防接種を受けた方が良いと勧告しました。

続きを読む

Source: 世界の憂鬱 海外・韓国の反応

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です